読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

感じがいい東広島市立美術館

美術館ファッションとか無い日に限って、寄れるものですね…

通りかかりフラッっと寄った

東広島市立美術館

レトロないい感じの郵便ポストがお出迎えしてくれました。

雨が降ってて気づかなかったけど、写真左手に写ってる 巨大な松ぼっくりみたいの…なんだろ?

まいいか。入ってみましょう、こちらが美術館のエントランスです。

とても小さな美術館なんです。
展示場が、一階と二階にひとつづつ。

なんだか学校みたいな建物なんですが、掃除が隅々行き届いていて
気持ち良かったです。

やっていたのは、第28回東広島市美術展(前期展)

寄せられた中から選ばれた絵画・彫刻・デザインの作品が並んでいました。
作者の家族だったら写真撮影OKらしいんですが、誰も知らないので・・残念。

中でも、彫刻のmemoriesという作品が好きでした。
女の子とクマのぬいぐるみがモチーフで、石膏に優しい色がつけてあって。
女の子がアニメっぽくて、頭の中の世界が現実化したみたいな不思議な感じがしました。
周りの空気まで違った感じがしたな。。

展示場のドアがカッコいい!

入ってすぐ目に入る、展示場のドアに「おお!」となりました。
大きくて、使い込まれていて、なんとも素敵。

画像は暗くて分かりにくいですね。すみません。

おおーって写真を撮っていたら、受付のお姉さまが「こちらも是非」と
ドア横にあったパネルを勧めてくださいました。

歴史あるドアなんですね。
色んな作品を見てきたんだろうな・・

雨のせいか貸切状態だったので、掃除の行き届いた美術館を静かに堪能できました。
外を眺めて、なんとも贅沢に気持ちになったり。

静かっていいな。
こういうの、心があらわれるようだっていうんだろうな。

短いけれど、とてもいい時間を過ごせました。

ありがとうございました。東広島市立美術館!