読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

北斎の富士  冨嶽三十六景と富嶽百景

広島県立美術館

さて。

ツルっと1月が去ろうとしてますが。早いですね〜

 

そうそう、先日行った県立美術館へ行きました。

北斎の富士を見よう!ってね。楽しみにしてたんですよ。

 

張り切って、スマホにくっつけるカメラとか買ってw

このレンズ、広角で撮れるらしいじゃないですか。

早速美術館で試しましたよね。

f:id:dmin:20160111170950j:image

あ、カバー分厚いとダメなんだ。。

外してトライしてみましたが、なんだろ付けない方が画像が綺麗。

 

県立美術館隣の、縮景園を一生懸命撮ってたんですけどねー

f:id:dmin:20160111171009j:plain

※ただのiphone撮影です。

 

まいいや。今後の課題としよう。

 

ってわけで(?)今日の美術館ファッション〜♪

f:id:dmin:20160111170934j:image

わたしのコーディネート撮影場所で寝っ転がっている人がいますが

気にしないでください。

 

北斎の富士!ですからね。

藍色の波や山、赤富士をイメージして、紺セーターと赤ストールをon!

では、行ってきまーす♪

 

北斎の富士

 またまた会場は撮影禁止でした。ま、しょうがないか。。
(張り切って装着カメラ持ってったのになー)
 
詳しくは美術館ホームページへ譲りますが
まー人の多いこと多いこと。
 
北斎先生の緻密な絵って、やはり皆さん直近で見たいんでしょうね。
うん、わたしも時々真近でガン見しましたけど。
せっかち星人のわたしとしては、ある程度サクサク見たくて、サララ〜っと回りました。
だって北斎先生の富士の絵、めちゃめちゃ沢山あるんです。
 
いつもながら簡単すぎる感想ですが、見応えは満点でした。
 
もう、富士を中心として国内旅行しちゃった気にすらなりましたよ。
 
そして、人間の後頭部をこれでもかって位たくさん拝見しました。
あんまりないなー、後頭部をいっぱい見るって経験も。
結構、後頭部も個性があって面白いって事に、たくさん見るうちに気づきました。
・・わたしは何を見てたんでしょうか。。
 
展示場を出ると、富士のオブジェがありましたよ。可愛いww
f:id:dmin:20160111171027j:image
 
あと、撮影🆗の常設展示場にあった陶器の馬とか
f:id:dmin:20160111171053j:image
 
 美術館から見える、美しいボタンに癒されました。綺麗だ〜
f:id:dmin:20160111171108j:image
 

 今日のお土産

併設のギャラリーショップで、絵葉書を購入♪

f:id:dmin:20160111171202j:image
 
f:id:dmin:20160111171137j:image
 ・・北斎先生と全然関係ないハガキばかりですが(汗

 感動しなかった訳じゃないんです、北斎の富士。
ただ、人が多くて(以下略)
 
実に淡白な感想となりましたが、以上、今年1月に見た北斎先生の感想でした。
 
いつかゆっくり見て、魂を揺さぶられるのかもです。
いつかを楽しみにしよう!ではでは。