読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

51番・石手寺 ~区切り打ち1-1 お遍路初日、最終のお寺~

お接待効果か、その後足の痛みは増すばかりで口数少なくなったとはいえ、なんとなく前向きに歩き続けられたのです。

 

しかし。

ガイドブックで見たところ、納経所っていうのは何処も夕方5時まで。

たどり着けるのかな・・って不安なのも確か。

もう数キロ歩いた気がするけど、そうでもないのかも。。よく分からない。

 

途中、ドラッグストアを通りかかり、明日用のテーピングや下巻きを購入。

足が痛いという私に、相方がテーピングをしてくれると言うのです。

「文句ばっかり言う私なのに優しいなあ・・有難い」と思う反面、「でも骨が折れてんじゃないかなー、この痛み。そしてもう歩けないんじゃないかなぁ。車が良いんじゃないかなー」と思うわたし。

と言いつつ、そんな相方の優しさも、大きな歩く動力となっていました。

 

石手寺

 

引っ越したばかりですが、石手寺に近い自宅の近くって、小さい川の水すらやたら綺麗で透明で、感心したんです。

 

この時も、歩きながら・・・なんだか綺麗な水を見かけるようになってきた気がするって思いました。

なので、ひょっとしたら石手寺近いんじゃないかなー、でも分かんないなー って思ってた時でした。

 

f:id:dmin:20160528100641j:plain

 

 

おもむろにお土産屋さんが見えたと思うと、

 

い、

い、

石手寺ーーーー!!!!

f:id:dmin:20160528100651j:plain

 

それ以上に、この風景。間違いない。

家の近所じゃないのーーーーっ(涙・涙・涙  !!!

おーわーりーだーーーーーー!!!!!!!

 

思わず万歳して「ロッキーのテーマ(勝った時のやつ)」を歌ってしまいましたよ。

 

はじめての石手寺

 

自宅とはいえ、一昨日引っ越したばかりの家。

もちろん石手寺だってはじめてです。

 

f:id:dmin:20160528100732j:plain

こんな立派気なお像に「さすが観光地ーー」と感心したり。

 

お寺の前にあるお店の街道に驚いたり(夕方でほぼ閉まってましたけどw)。

f:id:dmin:20160528100746j:plain

 

山門もね、立派なんです。多くの人が訪れている雰囲気満点でした。

f:id:dmin:20160528100758j:plain

 

わたし「仁王さん、ここまで歩いてきたんだよ!!!!」

仁王さん「おー、やったじゃないか」

f:id:dmin:20160528100809j:plain

 

わたし「足痛いけど、来たんだから!!!!」

仁王さん「その割に嬉しそうだし元気じゃないか。よしよし」

f:id:dmin:20160528100822j:plain

 

三重の塔だ。立派ー♪

f:id:dmin:20160528100833j:plain

 

足を引きずりなからも、テンション上がったわれわれ。境内をぶらついたり

f:id:dmin:20160528100846j:plain

 

夏越の大祓の石版のようなもの、を潜ってみたり

f:id:dmin:20160528100900j:plain

 

相方は変わらず、珍しい木や派手めのお堂・彫物・あちこちにある石を堪能し

 

f:id:dmin:20160528100914j:plain f:id:dmin:20160528100923j:plain 

f:id:dmin:20160528100930j:plain f:id:dmin:20160528101009j:plain

 

「さずか観光名所だねー」と元気にお寺を堪能したのでした。

f:id:dmin:20160528101109j:plain

 

私が納経している間に、お線香や多くの方が置いていかれた杖を相方が撮影。

f:id:dmin:20160528101124j:plain  f:id:dmin:20160528101130j:plain

・・ここでお遍路を終わる方もたくさんいらっしゃるんでしょうかね。。

 

お寺を後に、自宅へ向かうわれわれを

石手寺裏の山頂から、大きなお大師さまが見守っていて下さいました。

f:id:dmin:20160528101159j:plain

f:id:dmin:20160528101203j:plain

 

で、足なんだけど

 

帰宅し、どうなってるのか見るのも怖かった私の足。

 

途中、痛いところに絆創膏を貼ったりしてはいましたが

不思議とマメもできず、腫れている(むくんでいる)だけでした。よ、良かった。。

 

心の中に息づいていた「骨が折れているかもしれない疑惑」についても

靴を脱いでしばらくすると、痛くもないことが判明。

ただむくんで痛んでいただけだったのでした。疑惑リセット。

 

可愛いからってちょっぴり大きいくらいの靴を選んだのがいけなかったかなー

だけど可愛いからいいんです。

靴さん。私の足に馴染んで下さいね。頼みます。

 

相方の足を見てみると、やっぱりマメはできておらず。

新品の靴で歩き始めたため、靴ずれを起こしているだけでした。

そして大して痛くないとか言っている。

・・んー、やるなー

 

なんやかんや自画自賛で終わった、でも98%くらい、周りの力で歩けた初日でした。

 

区切り打ち1日目

08:30 自宅出発

松山市駅へ移動 → バスを乗り換え浄瑠璃寺

その後、46~51番を徒歩で巡る

16:30 帰宅

 

歩いた歩数:30674歩

歩いた距離:22.5km