世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

60番・横峰寺 後半 ~区切り打ち2-1-2 破けそうな心臓~

時々止まったり、脇道に入って写真を撮る相方。

よし、この間に少しでも歩を進めよう・・と黙々と歩くも、すぐ追いつかれる 笑

その繰り返しでした。

 

木の根っこがすごい!と

f:id:dmin:20160626203556j:plain f:id:dmin:20160626203605j:plain

 

杉の木がよく手入れされているなー。

山頂に向かうにつれて、随分太くなっているよ。と相方

f:id:dmin:20160626203658j:plain

・・とはいえ、相方も汗だくです。荷物も全部持ってくれています。

わたし、一人じゃきっと歩けなかった(歩かなかった)だろうな、こんな山道。

 

 

道が面白いね!と

f:id:dmin:20160626203749j:plain f:id:dmin:20160626203756j:plain

f:id:dmin:20160626203812j:plain

この道を、結構頻回に車が通って行きます。

車の人は、歩いてる我々見てびっくりしてるのかなー

 

河の石が、微妙な位置で面白い!とか

f:id:dmin:20160626203846j:plain f:id:dmin:20160626203851j:plain

f:id:dmin:20160626203900j:plain

 

崖崩れ予防の色々な工作が面白い!とか

f:id:dmin:20160626203932j:plain f:id:dmin:20160626203941j:plain

f:id:dmin:20160626203944j:plain

そんな相方に、何より癒されます。

 

切り株から生えた小さい木。

「これはいいね~!」と激写しておりました。

f:id:dmin:20160626204028j:plain f:id:dmin:20160626204134j:plain

 

心臓の悲鳴

それでも、ひたすら続くアスファルトの登り道、段々きつくなる傾斜に

わたしの心臓が悲鳴を上げ始めました。

 

不思議なことにね、前回の区切り打ちとは違って、足はいたくないんです。

まー靴も緩く履くことにしたし、形に慣れたってのもあるのかもしれない。

 

でもなんだろ、この心拍数。。。

息が上がるってこのことですね。

ヒューっていいそうな呼吸。止まっても戻らない心拍数。

だめだ、もうだめだよ。

けど・・ 帰れないーーーー

 

f:id:dmin:20160626204331j:plain

瀕死(と思いました)を訴えるわたしを、杖で引っ張ってくれた相方。

 

同行二人といって、お遍路さんは皆杖を持っています。

もう一本の杖がお大師さまなんですって。

だから旅の間、お大師さまと一緒に歩いているのだ・・と。

 

わたしにとっては、本物の杖もありがたいですが相方が一番の杖ですな。

いや、本当に。

いつも、ありがとうございます。

 

ご褒美

「1時間経ったから休憩しようよ」と、座るとこもあまりないですが休憩を要請。

 

よっこらしょ、と岩に腰を下ろそうとすると・・

なんか白いのがもぞもぞしている

f:id:dmin:20160626204531j:plain

 

相方「きゃー、きゃー!!サワガニっ!!!!wwwww」

 

なぜか、こういう生き物が大好きな相方。大興奮です。

川があるので、ずっとサワガニを探していたそう。

「しかも白いし!!アルビノじゃないかな?」

f:id:dmin:20160626204633j:plain

・・脱皮したてなのかアルビノなのか、わたしにはわかりませんが

めちゃくちゃ嬉しそうな相方を見て、わたしもとっても嬉しくなったのでした。

 

天かお大師さまからの、なんだかご褒美に感じました。

f:id:dmin:20160626204729j:plain

 

あ、まだまだご褒美。

 

湧き水や、可愛いお花や

f:id:dmin:20160626204905j:plain f:id:dmin:20160626204914j:plain

苔の帽子を被った面白い切り株、絶景、絶景

f:id:dmin:20160626204943j:plain f:id:dmin:20160626204951j:plain

f:id:dmin:20160626205025j:plain

 

以前、オーストラリアのブルーマウンテンに行ったことがあります(登山コースはパスしましたが)

この日、なんだかモヤっとかかる霧が青く見えて、強烈に思い出し

まるで日本のブルーマウンテンだ!そして今回は自分の足で登っている・・なんて感動したり。

 

本物のブルーマウンテンは、確かユーカリからの蒸気が太陽の光でブルーに見えると聞いた気がしますが、この石鎚山はどうなんでしょうか。。

歩いてると時々、ベビーパウダーやサンダルウッドに似た良い香りがしたので、ユーカリのような木があるのかなーなんて考えながら歩いていると、心臓ばくばくも治ったのでした。

・・お、ご褒美だ!(何のかは不明w)

 

つ、ついに

 

あと2Kmって看板を見てから、何回も「あと2Km」の看板があるんですけど・・

と思いながら歩いているうちに、よ、横峰寺らしき場所に到着ーーー!!

 

こんな大ーーーきな杉がお出迎えしてくれました。

f:id:dmin:20160626205147j:plain

 

お遍路さんもいらっしゃる♪

(約8kmのドライブコースでは車しか見なかったので、嬉しかったです)

f:id:dmin:20160626205219j:plain

 

「難所だ」と思ってたので何となく荘厳なお寺をイメージしてたのですが

ひだまりのような、温かさを感じるお寺でした。

f:id:dmin:20160626205241j:plain f:id:dmin:20160626205248j:plain

f:id:dmin:20160626205301j:plain f:id:dmin:20160626205320j:plain

f:id:dmin:20160626205314j:plain

 

彫物が人形っぽい。・・目のせいでしょうね。

f:id:dmin:20160626205411j:plain f:id:dmin:20160626205414j:plain

f:id:dmin:20160626205445j:plain f:id:dmin:20160626205451j:plain

f:id:dmin:20160626205458j:plain f:id:dmin:20160626205509j:plain

 

そういえば、鐘をつかなかった・・

f:id:dmin:20160626205556j:plain

 

山門や仁王様はみかけず、狛犬さんがいらっしゃいました。

わたし、狛犬もすごく好きです。

f:id:dmin:20160626205639j:plain f:id:dmin:20160626205645j:plain

 

お参りをし、少し休憩をして・・

ベンチや休憩所がすごく嬉しかったです。自販機のアップルティーが身に沁みました。

f:id:dmin:20160626205711j:plain

 

さ、次へ出発です。