読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

湯の里 小町温泉「しこくや」 ~区切り打ち2-1-3 挫折じゃない〜

さて。

 

わたしのリサーチによると、今晩の宿「しこくや」は伊予小松駅から車で10分程度。

ってことは、小松駅近くの「61番香園寺」をめざしてほぼ間違いない。

あとは、タクシーでも行ける。

 

納経所で、書いていただいた優しい女性の方に「歩きなんでしょ?次は61番?」と聞かれ、61番までの道を教えていただく。

「ほら、ちょっと戻ったら標識があったでしょ」

・・あったっけ? 

ポカーンとするわたしに、横から相方が「あ、はい。分かりました」と見兼ねて返答する。

 

もうね、歩くのに必死で標識とか見えてないんですよ。

「ほら、ここにあるね」と相方もしっかり見て、わたしもしばし眺めた標識らしいですが

「おー、石の標識。遍路道ってことですな」としか思ってなかったです。

f:id:dmin:20160709204129j:plain

ここが、その分かれ道。

 

たしか、小松駅までここから10Kmくらい。降りる道だから、少し楽かな・・

f:id:dmin:20160709204144j:plain

 

実は、登りの間はハードロックのドラムような心拍数で気づかなかったですが

右の股関節が痛くなっていて。

階段を上るのに、足が右だけ上がらないっていう状態。

ほんとお遍路中って、毎回・毎日、違うところが痛くなってます。今のとこ。

 

足の骨折したような痛みの時とは違って、登りさえなければ痛くないんだけど。。

どうなる、わたし?

 

61番へつづく遍路道

行きのドライブロードとは打って変わって、山のお遍路道!です。

f:id:dmin:20160709204207j:plain

 

しばらく降りていくと、おじさまが2人階段に座り込んでいました。

息も荒く、ヘトヘトの様子。

・・わ、分かるわー。うん、うん、そうなる。

 

おじさん「この先、どれくらいで横峰寺着きますかね?」

相方「2Kmくらいですよ。」

おじさん「僕ら、3時間この道登ってきたんだけど・・。まだあるのか・・」

 

滑りやすく、石も多く傾斜も急な遍路道。しかも距離が長い。

ドライブコースでも死にかけたけど、わたしの計画通りこの道を登ってきていたら

登りにプラスもう1時間はかかっていたなあ。ってか、登れなかったかもしれないな。

・・美しい景観を見ながら、また改めてラッキーな流れに感謝したのでした。

ありがとうございます。そして、おじさんたちにも幸あれ。

f:id:dmin:20160709204220j:plain

 

時々登りはあるけど、下が柔らかい土なので辛さを感じにくい。

f:id:dmin:20160709204249j:plain

というか、歩をすすめるのに必死で、痛みを感じるキャパがなくなってました。

 

相方がみつけた、面白い切り株。・・今日は切り株づいてます 笑

f:id:dmin:20160709204305j:plain f:id:dmin:20160709204309j:plain

 

お寺近くでは、すごく下の方に見えた鉄塔にたどり着いた・・

そこから見える山々も綺麗です。でもまだ、下界ではない様子w

f:id:dmin:20160709204326j:plain

f:id:dmin:20160709204331j:plain

 

歩いて歩いて

f:id:dmin:20160709204350j:plain

 

わー、やっぱりブルーマウンテン!!って景色にふたたび出会う。

f:id:dmin:20160709204414j:plain

f:id:dmin:20160709204417j:plain

 

狐の尻尾のような、変わった形の美しい花にも出会いました。

f:id:dmin:20160709204436j:plain f:id:dmin:20160709204439j:plain

 

 

61番と思ったら・・

 

2時間半くらい歩いたでしょうか。

61番(街中にあるはず)と思って到着したのは、途中の標識にもしっかり書いてありましたが「61番奥の院」でした。

 

静寂に包まれた、山の中のお堂。・・うん、がっつり山の中。

 

山道はここで終わり、ここからアスファルトの道が続いています。

 

照り返しの強いアスファルトを見て、わたしの中でなにかが限界に達しました。

もう降りるのも足が痛い。十分歩いた。もうすぐ17時で納経所も閉る。

香園寺まであと3Kmとありましたが、「もう旅館へ向かおう」と相方へ言い放つ。

(もともと打つつもりでもなかったし)

 

旅館までをググると、5Kmくらいの距離。

・・だめだ、耐えられない。

めっちゃ無言でとりあえず人里までおり、小松中学校で座り込む。


「タクシーを呼ぼう」っていうか、呼んでください。

 

「タクシーはズルした感じがするなー」といいながらも、石像のように動かないわたしを見て

小松タクシーを呼んでくれた相方。

けどさ、ここまで歩いたんだもん。ズルでも挫折でもないとわたしは思います。

 

タクシーが来て、やったーー!と乗り込もうとすると、足が痛くて上がらず、車に普通に乗れずに凹みました。

着物の時みたいにお尻からよいしょと乗り、今晩の宿まで移動です。

 

小町温泉「しこくや」

 

大きなマイクロバスが止まっていて、大勢のお遍路姿の人たちがでてきていました。

運転手さん「あの人たちも同じとこに泊まるんやろねー」

 

ああ、もう何でもいい。

お風呂入りたい~!!

お腹もたぶんすいたー!(お昼はコーヒーキャンディとピーナッツ)

 

お宿は楽天トラベルで予約し「16時チェックイン(わたしの希望時間)」をお願いしていました。

チェックイン過ぎると自動キャンセルとあったので、途中、16時は無理だと思う・・と宿へ電話したんです。その時、電話のおじさんが「あー、かまん、かまんですよ。きいつけておいで」とおおらかで、なんだかすごく安心しました。

 

その電話で話した、声の大きなおじさんが受付にいらっしゃいました。

「思ったより到着早かったねー」

「ええ。タクシー使ってズルしちゃいました・・はは」

いいんです。

 

ご飯の時間をお願いし、相方と部屋へ。

f:id:dmin:20160709204544j:plain

 

ひゃーーーーー、冷房効いてる❤️~~!!

それだけで、めちゃめちゃ幸せを感じました。

狂ったように靴や靴下を脱ぎ捨て、温泉へ向かいます。

 

唐突ですが、わたしが記憶で書いた部屋のメモ。

妹尾河童さんの旅行記が好きで、俯瞰図をマネしたかったんですが…写真と比べると色々違ってて、軽く衝撃を受けました。

f:id:dmin:20160709114635j:plain

 

お風呂は地元の方数名以外、ほぼ貸切状態。

おおきなお風呂がいくつかとサウナがあり、加えて露天風呂もある


ゆっくり全ての温泉に浸かりたいところですが

お昼を食べてないから、のぼせてひっくり返ったらいかんなあとか

股関節の痛み、たぶん炎症に近い感じだよね。

ここは本当は温めるより冷やすだなー などと考え

大好きな露天風呂のみちょっぴり楽しんで、完了しました。

 

お風呂を出ると

 

「たぶんマッサージチェアで寛いでるよ」と言っていた相方が居ない。

 

わたし、早く上がってきたけどなー。

もう部屋かな?(部屋にも居ない)

お庭(立派な鯉の泳ぐ池などがあり)を見てるのかな?(居ない)

・・ま、そのうち会うでしょ。

とボーっと待合室のテレビを見て待っていると

しばーらくして、相方が男湯より登場。

 

普段まったく長湯でない相方なので、満喫してるなーって、私が嬉しい気持ちになりました。

 

コインランドリーは無く、明日も履くかも?ってスパッツをお部屋で洗い、相方に干してもらいながら「ああ、幸せだなー。いろいろあったけど大成功じゃないの」と悦に入ったりしました。

 

食事まで時間があったので、庭を散歩しながらビールで風呂上がりのカンパーイ!

 

ううーーっ、ビールが胃袋にしみわたる。

ああ、お遍路って素晴らしいーーー! と、また悦に入ったり。幸せな人種です 笑

 

お遍路コースの夕飯

 

お風呂以降カメラを携帯しなかったので、画像がないのですが・・

 

お得なお遍路コース(一泊2食付き7000円ちょっと)で予約したので、食事はヘルシーな感じかな?なんて思っていたところ

 

<お品書き(わたしのメモより>

サーモン、サザエとハマチの刺身

まるごとアワビと野菜の陶板焼き

茶碗蒸し

鯛のあら煮

キスとシシトウの天ぷら

きびなごと若布の酢の物

ご飯、お味噌汁、お漬物

 

まー、地元のおいしい海鮮がた~っぷり!しかもボリュームしっかり

ビールも追加でいただき、大満足・感動しました。

お味もとても美味しかった!

 

地元の美味しいものがしっかり頂けて、適度に放置され、お部屋も広くて寛げたお宿。

リピートしたいか?と聞かれたら、Yesです。

 

そして、このお宿の素敵なところ もうひとつ。

道路を挟んで前に、セブンイレブンがあるんです。


おかげで部屋飲み用のお酒やおつまみも買うことができ、まったりと今日の写真などを眺めつつ幸せな夜を過ごせたのでした。

 

 

区切り打ち4日目(通算)

08:30 自宅出発

JR松山駅伊予西条駅:特急で移動

伊予西条駅~横峰寺登山口:バス

横峰寺登山口~横峰寺:徒歩

横峰寺~小松中学校:徒歩

小松中学校~しこくや:タクシー

 

歩いた歩数:33889歩

歩いた距離:20.07Km

※ぜんぶ山道