読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

62番・宝寿寺 ~区切り打ち2-2 小雨と迷子~

次の宝寿寺までは、1キロちょっと。30分もあれば着くだろう。

雨も小雨になってきました。

 

61番を出てすぐ、魅力的な自転車を見つける。

f:id:dmin:20160709210228j:plain

幸先良いな。相方のカメラワークも軽快になってきた。

 

黄色い蛾、とか(珍しかったらしいです)撮りつつ移動。

f:id:dmin:20160709211159j:plain

 

・・しかし、この辺は気のせいか、お遍路シールが少ない気がする。

お遍路シールのおかげで地図をあまり見なくなった我々だが、渋々出して(!)眺めたりする。

 

それでも道に迷い

郵便局でタバコ休憩されていた職員さんに「62番ってどこですか?」と聞いてみる。

 

折角の休憩を邪魔され、邪険にしてもおかしくない状況だったと思うけど

郵便マンの男性は、親切に道まで出て「あのラーメンショップの先を曲がったところですよ」と教えて下さる。そして、「頑張って」と。

じーん。

シール少ないとか文句言ってごめんなさい。

本当に親切な人が多いな・・四国。ありがたいです。

 

到着

 

こんな木は、きっとお寺ですよね。

f:id:dmin:20160709211223j:plain

 

到着~

f:id:dmin:20160709211239j:plain

 

大して歩いてもいないのに、股関節をかばうせいか早くもお疲れのわたしを置いて

相方は「!」ってものを色々撮影です。

f:id:dmin:20160709211252j:plain f:id:dmin:20160709211258j:plain

f:id:dmin:20160709211308j:plain

f:id:dmin:20160709211314j:plain f:id:dmin:20160709211320j:plain

ここの彫物は、なんだか「流れる」感じが強いですなー

 

あ、天女だ!

f:id:dmin:20160709211347j:plain

 

水場の天井だったと思います。

f:id:dmin:20160709211419j:plain

相撲部屋みたいな感じだ・・なんとなく。

 

オブジェのような線香立て。

f:id:dmin:20160709211433j:plain

f:id:dmin:20160709211438j:plain

 

素敵な灯籠(?)

f:id:dmin:20160709211459j:plain

 

境内の木。ウニャーっと力強く生えています。

f:id:dmin:20160709211512j:plain

 

確かこのお寺は、納経時間が短いと何かで読んだ気がします。

ま、普通の時間に行ったから影響なかったのですが、お寺さんによって色々あるんだなあ。

 

こじんまりしたお寺さんでした。

最後に、境内の草・屋根。

f:id:dmin:20160709211543j:plain f:id:dmin:20160709211547j:plain

 

濡れているせいだったか休憩するとこが見つけられず、短時間の滞在で次に行くこととします。