読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

民宿・青空屋さん ~区切り打ち3-2 コントラストのある1日~

萩原寺で軽く通り雨にあい、藁葺き屋根のところで雨宿りをしました。

 

もうすぐお昼。

香川に来たんだもの!うどんだよね。・・と相方と話す。

 

うどんと悪態

かなりの暑さと湿気、に加えてドロドロの沼とカエル。

実は、香川県は一番たのしみにしてたのに(うどんですが)どういうことー

もう嫌いー って。歩きながらひとり悪態ついていました。

 

余裕があるから、ちかくのうどん屋さんまで歩いてみる?と検討するも

グーグル先生によると、近くっていっても最低数Kmある。

・・そうだ、ロープウェイ乗り場にうどん屋さんあったよね。

あそこにしようか、と帰路につきます。

 

相当疲れていたのか、そこからまた1~2時間歩いたら

「うどんよりクーラー!!!」となってしまっていて。

クーラーの効いたレストランへ寄るも、団体客以外は受け付けないとのこと。

ううううー、とまた香川県に悪態をつくわたし。

 

結局、ロープウェイ乗り場・クーラー無しのうどん屋さんへ寄りました。

 

香川の初うどん

 

じゃーん。

f:id:dmin:20160807194709j:plain

あ、これは相方の頼んだ手打ち蕎麦。

へぎ蕎麦みたいな感じで、ボソボソしためっちゃ素朴な田舎蕎麦です。

(自分のレビューに悪意を感じる・・)

 

で、わたしのざるうどん!

f:id:dmin:20160807194722j:plain

 

待ってました!ツルツル〜・・・

・・あ、あれ。粉っぽい。

太さがすごくまばらなせいか、茹でムラが大きく、太い所がが粉粉している。

美味しいのかもしれないけど、疲れもあって食べれない。

 

讃岐うどんって、モッチモチ!ってイメージだったんですが・・色々あるんですね。

そりゃそうよね。全てが美味しいうどん屋さんって訳じゃないよ。

体調や、好き嫌いの相性だってあるし。

ここ「麺職人の手打ちうどん・蕎麦」って書いてあるけど

きっとこういうのネラってるんだよね(悪意を感じるレビュー)

※お出汁は美味しく、お店も自然の風で気持ち良かったです。

 

あー。悪態つき始めるとなにかスパイラルにハマる気がしますが

見事にハマりました。ま、いいか。こんな日もあるさ。

しかし、香川県。よく覚えていてほしい。

わたしは、香川県のうどんを、美味しい不味い関係なく食べまくってやるぞーーーー!

 

鼻息荒く、ロープウェイに再び乗りました。

 

五百羅漢だって ふたたび

 

民宿・青空屋さんは、67番の遍路道上にあるのです。

 

なので、ロープウェイで再び来た66番から改めて67番を目指します。

五百羅漢にまた遭遇です。

f:id:dmin:20160807194813j:plain f:id:dmin:20160807194818j:plain

f:id:dmin:20160807194824j:plain f:id:dmin:20160807194829j:plain

f:id:dmin:20160807194834j:plain f:id:dmin:20160807194840j:plain

f:id:dmin:20160807194844j:plain

・・最後の写真ってうどん?

 

雲辺寺近くはとても涼しく、ご機嫌で歩き始めました。

f:id:dmin:20160807194912j:plain f:id:dmin:20160807194917j:plain

 

山と暑さと虫、そして涙

緩い下りの道が続きます。美しい~

f:id:dmin:20160807194958j:plain

f:id:dmin:20160807195004j:plain

 

またキノコを発見

f:id:dmin:20160807195015j:plain f:id:dmin:20160807195019j:plain

 

しかしね、青空屋さんまでは完全な一本道の遍路道。

7~8Kmはあるんです。

 

わたし、なんだか標高高いことろの7~8Kmって勘違いしていて。

涼しい~ところをお散歩するイメージを勝手に持ってたんです。

だから、余裕こいていた。

 

しかーし。それは完全な勘違いで。

ずんずん下りの道。ずっとずっと山道。

 

この後、道はどんどん険しく暑くなり

標高が下がるにつれ、虫もひっきりなしにやってくるようになりました。

頭の周りを、ウワンウワン羽音を立てて回る。払っても払ってもまた来る。

 

ベンチが所々たくさん設置された良い道なのですが、虫が嫌で休むに休めない。

自販機もコンビニももちろんない。

山、暑さと虫だけ。

 

降りるしかないので、後半無言になって降りてたんですけど

すすんでも進んでも、距離が思ったように伸びない・・

虫は来る。足、もちろん痛いけど感じるキャパなし。

 

最後15分くらいでしょうか。

このお遍路で初めて、歩きながら泣きました。

もうイヤーって、子供みたいにシクシク泣きましたよ。

止まるのはもっと嫌だったから、歩き続けたけど。

ほんとに民宿なんてあるの?この道で・・

 

進んでくと、、やっとアスファルトの道に出て。

そこから程なく、青空屋さんに到着したのでした。

 

幸せって・・

 

赤い目で青空屋さんに到着したのは、17:30頃。

観光気分ののんびりお遍路じゃ、全然ないし!結局1日歩いてる 笑

 

穏やかそうなご主人と、笑顔がすーーごく美しい女将さんがお出迎えしてくれました。

なんか、綺麗な笑顔が、岡田さんおじいちゃんの笑顔と同じくらい印象的でした。

 

f:id:dmin:20160807195046j:plain

蚊や虻みたいなの、蜂が居ないーーーー!

人間ってそんだけで、めっちゃ幸せになるんですね。

 

クーラーを効かせ、お風呂を頂き、夕食に呼ばれます。

ああ、ああ、幸せー。

香川に悪態ついて、本当にすいませんでした。

 

青空屋さんの素敵な夕飯♪

・ブリとサーモンのお刺身

・じゃがいもとインゲン・にんじんの揚浸し

・冷たい煮麺(これ美味しかったー!)

・キュウリとエビの酢の物

・ご飯、相方大喜びのフリカケ

 

画像にないけど、ビールや

・猪ハンバーグ(脂が甘く絶品!ご主人が捕獲~調理までされるそう)

・エビ、サツマイモ、茄子、シシトウの天婦羅

 

f:id:dmin:20160807195127j:plain

どれも、小料理屋さんみたいに美味!!

 

改装した感じの新しい建物も素敵で、お風呂もたっぷり大きく

本当に癒されました。

 

夕食では、昨日岡田さんでご一緒だったご家族とも同席になり

泣いて歩いたことや、ここから先のお遍路スポットを教えてもらったりと

楽しくお話させていただいたのでした。お遍路の話って面白い~!

 

相方は隣で物静かに、ご飯を3~4杯お代わりしてました。

フリカケが久しぶりで、相当嬉しかったみたい 笑

 

月光浴

 

部屋へ持ち込んだコーヒーを頂きながら、外を見ると

まんまるなお月さまが、大~きな窓から綺麗に見れる!

なんて素敵なお部屋・・

 

灯を消して、月光浴をしようよ。

f:id:dmin:20160807195220j:plain

 

その夜は、相方と静かに静かに月光を満喫しました。

月だけを見て、ポチポチ話して、月の光を浴びて・・

・・すぐ眠ってしましたが、なんかすごくすごく贅沢な気持ちになったのでした。

 

 

 

区切り打ち3回目ー2日目

 

民宿岡田~66番:徒歩

ロープウェイ~別格16番(往復):徒歩

66番~民宿青空屋:徒歩

 

歩数:37808歩

距離:27.3Km