読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

区切り打ち4-2 71番・弥谷寺 ~登る・登る・降りる~

f:id:dmin:20160922103331j:plain

海岸寺を出て、弥谷寺へ歩き出す。

いや・・やっぱり歩くってスゴい。青い空、青い海。

ああ、ほんとに海岸だ・・と体で感じる。

そりゃ暑いけど、海辺を歩くのは気持ちがいい。

 

海岸で たわわに実る 稲穂かな(名無し

f:id:dmin:20160922103343j:plain

 

桃色の、花も静かに咲いている。

f:id:dmin:20160922103356j:plain

 

海岸寺を出たらすぐ、裏山のようなものがあり

番外霊場の碑がずらーっと並んでいました。

お砂踏みみたいな感じなんでしょうか?? 小さく全番外を回った気になったりして、嬉しくなりました。

 

真面目に歩いて

 

弥谷寺、到着の模様。

f:id:dmin:20160922103411j:plain

 

おお、のっけから階段。虫除けスプレーを振りつけつつ、挑みますか。

f:id:dmin:20160922103432j:plain

ええ、予想通り。登る、登る。

f:id:dmin:20160922103442j:plain

まだ登る。あ、山門!

f:id:dmin:20160922103508j:plain

ふ~・・・

f:id:dmin:20160922103519j:plain

f:id:dmin:20160922103524j:plain f:id:dmin:20160922103528j:plain

「仁王さん、来ました」

「・・・・」

阿吽の仁王さんが、なにか恐ろしげです(失礼

ど、どうした私。暑くて不機嫌だから、罪悪感に苛まれているのか?

 

仁王さんより恐るべしは、続く階段。

f:id:dmin:20160922103547j:plain

途中「ちょうど半分くらいでお大師堂ですよ~♪」と声をかけて下さる人が。

ああ・・本堂まで行かれたんでしょう。汗だくだけど爽やかな表情でした。

いけるか、私? いや、いくのか?

f:id:dmin:20160922103603j:plain

 

まだある階段に呆然とする の図。

f:id:dmin:20160922103613j:plain

f:id:dmin:20160922103616j:plain

けど、お大師堂らしきものが見えています!

 

ひー。お大師堂、到着・・・

靴を脱いでお参りするスタイルのようです。

f:id:dmin:20160922103627j:plain

わ・・、仙人だ。

f:id:dmin:20160922103639j:plain

 

・・てとこで、相方「堂内は写真撮影禁止です」と納経所の方に注意されました。

そうなんですね。済みません。

 

中はかなり賑わっており、たくさんの人がお参りをしていました。

確かに、写真撮る人が居たら 人が回らなくなっちゃいそうだ。

 

しかし、お大師さんが学んだと言われる獅子の岩やとか、写真撮りたかったな・・

 

若干(いや、かなり)テンションの下がった我々。特に相方。

お大師堂を出て、本堂らしきものを眺めましたが

「今回は、許してもらおうか」と。

f:id:dmin:20160922103655j:plain

何故かあっさり諦めて、次へ向かったのでした。

そんな時だってあります。

 

この龍の彫り物、たしか弥谷寺なんですが。どこのか分からず。

綺麗ですよね。

f:id:dmin:20160922103706j:plain

 

色んなお寺があるんだな。