読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

区切り打ち4-2 73番・出釈迦寺 ~紫の雲~

72番から程無い場所に、73番・出釈迦寺はあります。

 

わたし、お遍路を調べるうちに聞いた「お大師さんが7歳の頃、自分が世を救えないのなら今すぐ死にますと崖から飛び降りました。そこへ紫の雲が現れて、お大師さんを乗せ、無事助かったのでした。※わたしのうろおぼえによる」って話が好きで。

歩いてて辛くなると「飛び降りちゃおうかなー。したら、紫の雲が現れたりして~」なんて考えることにしていました。不思議と、なんでか元気でるんですよね。

 

f:id:dmin:20160922111525j:plain

雲?いやいや、アイスクリン屋さんがスタンバイした、出釈迦寺の門前。

アイスクリームでもかき氷でもなく、アイスクリン屋さんが多いです。

・・そういえば門前アイスクリン食べたことないな。今度食べてみよう♪

 

話が逸れましたが、この73番の奥の院が、「捨身ヶ嶽」というお大師さんが飛び降りたエピソードのある場所。

行ってみたいな・・けど、行けるかなって地図を見ながら思っていたのです。

 

f:id:dmin:20160922111547j:plain

門前から見た景色。知ら無い間に、こんな高いトコにいたのか・・

 

f:id:dmin:20160922111558j:plain

なにはともあれ、73番から。

 

f:id:dmin:20160922111613j:plain

f:id:dmin:20160922111618j:plain

本堂にお花の彫り物が

f:id:dmin:20160922111630j:plain

大好きな蓮だ

 

ここの獅子も、こちらを向いていましたw 面白い!

f:id:dmin:20160922111644j:plain

f:id:dmin:20160922111649j:plain

 

こじんまりとしたお寺ですが、がっしりしたお堂です。

f:id:dmin:20160922111659j:plain

瓦の華やかなこと。

f:id:dmin:20160922111710j:plain

 

お線香立て。

f:id:dmin:20160922111721j:plain

・・ほんとだ。お寺で整え方って違うんですね!

ここは、こんもりしないスタイル。

 

f:id:dmin:20160922111738j:plain

この一休さんみたいな人、88箇所や番外別格礼所に必ずいらっしゃるんですが

水色のニット帽が、なんとも馴染んでいながら可愛らしくて好きでした。

 

んー。しかし暑い。

 

奥の院への憧れも、焦げつく太陽。

無理して登ったら、ほんとに飛び降りそうだ。

・・って、ここでもあっさり諦める。

 

お大師さんを救ってくれた見えない紫の雲に、ココロの中で敬礼しつつ

次へ向かいます♪

いつか縁があったら行くでしょう。

 

f:id:dmin:20160922111754j:plain