読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界じゅうの美術館へいこう

ただいまお遍路中です。

区切り打ち4-2 74番・甲山寺 ~そして、情熱のランチ~

73番から、ジリジリの太陽の下をひたすら歩き(そう遠くはないですが)

 

ふう・・

甲山寺とうちゃくー

f:id:dmin:20160922111903j:plain

 

瓦の先、一つ一つに甲マークっ!

f:id:dmin:20160922111918j:plain

甲山寺です!間違いない。

f:id:dmin:20160922111929j:plain

 

ここね、彫り物が面白かったんですよ。

龍が飛び出ている形。3Dっぽいなー

f:id:dmin:20160922111943j:plain

f:id:dmin:20160922111947j:plain

f:id:dmin:20160922111951j:plain

f:id:dmin:20160922111956j:plain

龍と一緒に、不思議な光も写っていました。

 

と、相方がいたく感心していたこの小さなお堂。

f:id:dmin:20160922112013j:plain

後ろの木と比較していただくと、ミニチュア感が伝わるかと思うのですが

 

すごいのが、小さなお堂の彫り物。

f:id:dmin:20160922112036j:plain

f:id:dmin:20160922112040j:plain

f:id:dmin:20160922112043j:plain

色までついている。ミニチュア好きの私にもツボで、しばらく眺めてしまいました。

 

そして、そして~

 

宮川製麺所

 

うどん屋さんないかなー なんて、75番・善通寺を目指して歩いていると

 

あったーーー!!

駐車場がやけに広い、民家のような製麺所。

もうお昼も大分過ぎてたのに、まだ人が入っています。

ここって、確かうどんパスポートに載ってたような・・

 

中に入ってみると、「もう天婦羅ないよ」と。

粉がたくさん積んであり、ほんと製麺所。

女将さんが(後にいくつかのブログで見た白髪ではないお婆さまでした)ネギを黙々を切ってらっしゃる。

 

セルフの店らしく、どうやったら良いか戸惑う我々。

丼と麺をいただき、自分で温めます。「2人いっぺんに温めれるよ」と

ネギを切りながら教えてくださる女将さん。

 

おつゆは、おおきな鍋から柄杓で好きなだけ入れる。

(下に沢山のイリコが居るらしいのですが、この時は知る由もなくw)

 

ネギを入れ、生姜も好きなだけ擦れるようになっており

生姜好きの相方が、早速たっぷりおろして入れようとすると・・

「ちょっと待った」

女将さん立ち上がる。

 

「おつゆ、そのままいっぺん飲んでみて。」

?と思いつつも、言われるままつゆを立ち飲み。

 

・・・おおおおおおーーー!!

なんて美味しいっ

 

薄い色なのに、イリコがこれでもかと効いたおつゆ。

これだけでもごくごく飲んじゃいたいくらい好きな味!

美味しい!旨い!

 

「生姜入れちゃうと、味が分からなくなるから」と

女将は安心した様子で座り、またネギを切り始めました。

 

ビニールクロスのかかった席で、改めていただいた かけうどん。

f:id:dmin:20160817101820j:plain

ああ・・・・

麺もしこしこで最高、そして全然飽きない美味しいおつゆ。

こんなお店、近くにあったら通うな。

 

カトキチの冷凍麺でも十分美味しい。ハズレにあたるくらいなら、いっそ、カトキチのうどん食べたいよ。絶対美味しいから。

・・なんて思った自分に「違う!」と言える美味しさ。

(美味しいけど)サトウのご飯と、心を込めてお釜で炊いたご飯くらい段違いの美味しさですよ。

 

うだる暑さの中、負けないくらいの熱さで情熱的にうどんを食べた

区切り打ち第4回目の2日目でした。

幸せだ。